かるてん®


超軽量天井材「かるてん®」ホームページへ



震災時の安心・安全性を高める超軽量天井材

帝人株式会社は、改正建築基準法施行令(2014年4月施行)に対応し、吊り天井を大幅に軽量化できるポリエステル製不織布基材の天井材を開発しました。
体育館、ホール、空港、大型店舗など、大規模建築構造物の安全性を大きく向上させるソリューションをご提案します。
屋内プールなど特別な環境下での使用についても現在評価を進めております。


この製品の用途

一般的な石膏ボードと比べ、重量は約1/10(※)と超軽量!

「かるてん®」は、ポリエステル製タテ型不織布「V-Lap®」を基材とした、従来のロックウールや石膏ボードとはまったく異なる新しい天井材。その圧倒的な軽さで、新たな改正建築基準法で定められた基準値(2s/u)の達成に大きく寄与します。また、柔らかく割れにくい素材なので、万が一、大震災等でダメージを受けても剥離・落下しにくく、人的被害を最小限に抑えることができ、施設としての機能維持や避難所としての空間確保を実現します。

快適な空間を創出する断熱性と吸音性!

軽量でありながら、断熱と吸音効果を併せもつポリエステル製の天井材です。

建築の可能性を広げる、しなやかで強靭な新素材!

軽くて柔らかい素材なので、運搬や持ち運びの手間を削減。また、カッター一本で簡単に加工ができるだけでなく、ロックウールや石膏ボードのような粉塵飛散や騒音もなく、現場作業の環境を改善します。

関連ページ

テイジンのセーフティー ソリューション特集

WEBカタログお知らせ この製品に関するお問合せ この製品の取扱企業 この製品の資料・製品見本請求 ご希望の製品が見つからない場合

帝人株式会社 高機能繊維事業本部 エンジニアリングファイバー部

03-3506-4629

  • お問合せ

ご希望の製品が見つからない場合:ご相談窓口よりお問合せください。

一覧